電報をバルーンで華やかに演出

電報と言うと少し地味なイメージがあるのではないでしょうか。どうしても文面だけですし、受け取った方もペラペラの紙だと印象にも残りにくいです。特に結婚式のような場所だと周りが普段よりも華やかに演出されていますからなおさらでしょう。少しでも受け取った人に喜んでもらえるためにバルーンをセットにして贈ってみるのもいいでしょう。今はメッセージとバルーンをセットにしたタイプのものが喜ばれているようです。こちらの場合は受け取ったあとでもしばらく飾っておけるのがいい点でしょう。ハート形のものや風船の中に小さな風船が入っているものなどいろいろな種類のものがありますから、飾っておくだけでも周りが華やかに見えます。またすぐにしぼんでしまうのでなく数日は残ります。式が終わってもしばらく自宅に飾っておけますし余韻を楽しむ事ができそうです。

バルーン電報の種類と送る際の注意点について

結婚式などで、サプライズ目的としてよく注文されるバルーン電報をご存知でしょうか。とてもかわいらしく目立つ為、式場でも注目度間違いなしのアイテムで現在人気上昇中です。では、一体どのような種類のものがあるのでしょうか。ハートや星形の色とりどりの風船がたくさんついた定番デザインのものや、風船の中にぬいぐるみが入っているもの、そして大きなバルーンに字が書いているものまで種類は様々です。このようにたくさんの種類のものがありますので、送り主やお届け人の個性に合ったものを選ぶと大変喜ばれます。また、多くのお店がこの電報を取り扱っていますので、予算やデザイン、送料など色々比較してみることをお勧めします。ただこのバルーン電報、結婚式場によってはサイズの規制があったり、割れる可能性があることから配達ができない所もあるので、事前に送付予定の式場に確認をとっておくこと方が良いでしょう。

会場にサプライズをバルーン電報

電報は、手紙より早い伝達手段として使用されてきましたが、最近は冠婚葬祭の形式的なものとして利用されています。台紙タイプだけでなく、花やぬいぐるみ、フォトフレーム付きなど日用品として使用したり、記念に残るような品物がセットになった商品が増えています。そんな中で最近特に注目されているのが、バルーン電報です。結婚式や開店祝いなどの会場に贈れば、サプライズ感もあり、ふわふわと浮かぶ存在感のあるバルーンは、その場を華やかな雰囲気にしてくれます。また、浮かぶタイプ以外にも卓上タイプを販売しているところもあります。誕生日や特別な日のイベントにも向いている商品といえます。注意したいのは、バルーンの中のヘリウムは、種類によっては数日しか持たない場合があります。ですから、イベント当日に到着するよう前もって準備をして注文しておく必要があります。